この商売をして良かった事(1)パートナーシップ

この商売で良かったこと

それは沢山ありますので、シリーズ化しようかな?と思って題名に(1)と付けてみました。

その第一回目はパートナーシップについて。

青葉城跡
最近の2人 青葉城跡

私が、この仕事を選んで良かったと思う筆頭は、妻との関係が大きく変わった事です。

サラリーマン時代の私は、自分がお金を稼いでいると言う観点から家庭内で自分中心でした。

赤帽ももちゃん便を開業して、現在の株式会社ももちゃん便となる過程で、妻と2人で二人三脚で歩んで来ました。

その間、私が一人で稼ぐと言うことは無くなり、2人で稼ぐ。

もっと正直に言えば、妻のお陰でやって来れた。と言うのが本当です。

今ではすっかり妻に頭が上がらないのですが、それでも今も昔の悪い癖が出て威張ってしまう事もあります(笑)。

今思えば、サラリーマン時代も私が一人で稼いでいた訳ではなく、妻が疲れた私を守ってくれていたからだとよく分かります。

お金を稼ぐ事だけが価値のある仕事だと思って給料を運ぶ自分の立場に思い上がってましたが、本当は妻の専業主婦としての役割も子供達の癒しも、全てが関係して私の会社員生活も回っていました。

そんな当たり前の事ですが、見えなくなっていた企業戦士のままで無かった人生で良かった。

脱サラする時は、私が身体を壊して予想外の脱サラなので、勿論、不幸な進路変更にしか思いませんでしたが、今は完治もして、あの時の病に感謝しか有りません。

あの時、サラリーマンを辞めて商売を初めて無かったら、あるいは自営業だとしても、2人で常に共に働くタイプの仕事では無かったなら、全く違った夫婦関係で50代を迎えていると思います。

私が自営業者の赤帽になっても、妻がパートに出ていたらダメでした。

軽運送の仕事で、たまたま、宅配便に私は適性が無くて妻も参加して、そこから2人の二人三脚でのビジネスのスタートでした。宅配便に適性がなかった事も幸いでした(笑)。

この商売、軽貨物を選んで本当に良かった。

心の底から思っています。おそらく妻もそうだと思います。

専業主婦として嫁いできた妻には、当初は約束違反の脱サラ。

しかも運送で仕事を手伝わせる事では苦労をかけました。

でも、仕事ばかりの企業戦士気取りの私のままだったよりは、よほどマシな夫婦になれた事は間違い無いので。

赤帽時代にテレビ取材中に撮影された写真
赤帽開業当初の2人

コメント

タイトルとURLをコピーしました